smtwtfs
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
NetLife | AD
recommend
 (JUGEMレビュー »)

WEBの仕事をしていこうかと思うなら一度は読んでおいた方が為になる本。
search this site.
categories
recent comment
recent trackback
archives
profile
mobile
qrcode
sponsored links

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

- at 2012.04.27 Friday

-, -, pookmark

死神の精度 | 伊坂幸太郎

死神の精度
死神の精度
伊坂 幸太郎

最近、映画にもなった死神の精度
伊坂 幸太郎の傑作中の傑作。

Books at 2008.05.29 Thursday

comments(0), trackbacks(0), pookmark

魔人探偵脳噛ネウロと東山 彰良!

魔人探偵脳噛ネウロ世界の果てには蝶が舞う (JUMP J BOOKS)
魔人探偵脳噛ネウロ世界の果てには蝶が舞う (JUMP J BOOKS)
松井 優征,東山 彰良

きたー!
あの「逃亡作法 - TURD ON THE RUN」「ワイルドサイドを歩け」「ラム&コーク」の著者、東山 彰良魔人探偵脳噛ネウロ世界の果てには蝶が舞うを書いたぁ!!!!!!!!

なにこの面白そうなやつ、、、
続行amazonでポチっと買ってしまった。

Books at 2008.05.19 Monday

comments(0), trackbacks(0), pookmark

自由への扉 | 高橋 歩

自由への扉
自由への扉
高橋 歩

俺が尊敬する男、高橋 歩さんの本。
去年の今頃だったかな
色々と自由じゃなくて大変だった時期に読んだ本。

今が自由じゃないと感じたら是非オススメ
やる気が出てくる。

Books at 2008.05.18 Sunday

comments(0), trackbacks(0), pookmark

MOON LIGHT MILE 16巻 遂に発売 | 太田垣 康男

MOON LIGHT MILE 16 (16) (ビッグコミックス)
MOON LIGHT MILE 16 (16) (ビッグコミックス)
太田垣 康男

MOON LIGHT MILE 16巻 遂に発売
相変わらず太田垣 康男先生のこの漫画は面白すぎる
この漫画だけはもったえなくて電車とかでは読めず買ったら即、家に帰って熟読ですね
マジで最高の宇宙漫画

Books at 2008.05.05 Monday

comments(0), trackbacks(0), pookmark

今週のバキはヤバい! ピクルと花山が出会ってしまった。。。

範馬刃牙 11 (11) (少年チャンピオン・コミックス)
範馬刃牙 11 (11) (少年チャンピオン・コミックス)
板垣 恵介

さっきちょっとチャンピオンを立ち読みしに行ったら。。。
バキがえらいことになりそうだった。。。

ピクルと花山が出会ってしまった。。。
こりゃ大変だわ。。。

Books at 2008.04.19 Saturday

comments(0), trackbacks(0), pookmark

人生の地図 高橋 歩

人生の地図
人生の地図
高橋 歩

これはグッとくる言葉が沢山詰まった本。
つらい時などに読んでます。

Books at 2008.04.17 Thursday

comments(0), trackbacks(1), pookmark

Adventure Life 〜愛する人と、自由な人生を〜 高橋 歩

Adventure Life 〜愛する人と、自由な人生を〜
Adventure Life 〜愛する人と、自由な人生を〜
高橋 歩

高橋歩三部作(毎日が冒険、サンクチュアリ、ラブアンドフリー)を読んだら次はこれ。
三部作を読んだ後だと総集編の様なきもするけどとにかく面白い。

ってかこの人は文才があるのかもね。

Books at 2008.04.17 Thursday

comments(0), trackbacks(0), pookmark

ラッシュライフ 伊坂 幸太郎

ラッシュライフ (新潮文庫)
ラッシュライフ (新潮文庫)
伊坂 幸太郎

俺の大好きな伊坂幸太郎先生の傑作。
この人の本はどの本も面白いけどその中でもこの人らしいなと思えた本。

いろいろな人の様々な行動が何気なくいろいろな出来事につながっている。
それをかなり面白く伊坂幸太郎先生っぽい感じにストーリとして成り立っている。

Books at 2008.04.11 Friday

comments(0), trackbacks(0), pookmark

プラネテス 幸村 誠

プラネテス (1) (モーニングKC (735))
プラネテス (1) (モーニングKC (735))
幸村 誠

これが宇宙三大漫画の最後の一つプラネテス
俺はまだこの漫画2巻までしか読んでいないのだけどこれもなかなか面白い。

度胸星はドガーとかオラーって感じの擬音が似合うもの凄く迫力のある漫画
ムーンライトマイルは本格派な科学とリアル思考の未来系でものすごく作者が勉強しているなって感じの漫画

それに対してプラネテスは結構マッタリした感じ
3作の中で唯一、最初から結構未来のお話で主人公はデブリの掃除を仕事としている。
他の二つは宇宙飛行士になるところからスタートなのに比べ大分未来からのスタートをしている。

ただ、なぜこの三つが宇宙3大傑作と言われているのかはわかる。
ようは好みの問題だしどの漫画も違う角度から書かれているので楽しめる

俺としては是非3っつとも読んでほしいと思う。
宇宙好きならこの三つは押さえておかないとお話にならないでしょう〜(笑

他にもなにか最高の宇宙漫画があったらどなたか教えて下さい。
よろしくお願いします〜

Books at 2008.04.05 Saturday

comments(0), trackbacks(0), pookmark

度胸星 山田 芳裕

度胸星 1 (1) (KCデラックス)
度胸星 1 (1) (KCデラックス)
山田 芳裕

これも宇宙最高傑作漫画のうちの1つ
あのデカスロンの作者、山田 芳裕が描くド迫力タッチで描かれる世界観はマジで最高!
ストーリーやキャラクターだけで言ったら俺的には宇宙漫画でNo1の度胸星
残念なことに打ち切りでかなり良いところで終わってしまっているのだけどなぜかデラックス版が出版

いや、確かにこれは買いなんだけどさ、、、

そうじゃないだろ?
俺たちは続きが読みたいんだよ
マジで切実に続きを書いてくれ

あんな良いところで終わらすなよ
ほんとに頼むよ
デラックス出す前に完結させて欲しい

未完の大作なんだけどほんとにおしい

Books at 2008.04.05 Saturday

comments(0), trackbacks(0), pookmark